各ヒロインシナリオがひっかかってたのです 2008/01/28 19:49:26
レビュアー: 琴
ごめんなさい。

やっぱり、リフレインのとてもすばらしかったので、星ふやします。

 よかったよ! 2008/01/13 14:46:53
レビュアー: 
感動しました

 ありがとう。 2008/01/04 20:13:47
レビュアー: けもかん
ただ、その一言だけ言いたかったです。
ありがとう。

 やべぇ、感動したっ! 2008/01/01 5:57:26
レビュアー: tanakasan
新年早々Refrainをやったのですが、…やばかったです、感動しました
最早枕が冷たいですよ

野球しながら別れるシーンとかもうっ…
後、やはりkeyの音楽はいいですね~
エンディングのパターンが多かったのも良かったです

今後もkeyには大きな期待をしているので頑張って下さい

 (∵) 2007/12/29 20:48:06
レビュアー: エクスタシー
軽くエクスタシー

 素晴らしかったです!! 2007/12/28 0:34:07
レビュアー: シャカシャカヘイ♪
こういう系統のゲームは初プレイだったのですが、とても感動しました。中身が濃く奥が深い上に、個性的で愛嬌があるキャラクターたちから作られるストーリーは、どの場面も目が離せませんでした。それに、野球やバトルなど、ミニゲーム的なものも含まれており、お楽しみ要素盛りだくさんでした。最後のところは本当に泣けました。元々Key作品は泣けると耳にしていたのですが、こんなにすごいとは思いもしませんでした。それでいて、笑いあり、かわいさあり。本当に素晴らしい作品だと思いました。まだまだ書きたいことは山ほどあるのですが、このくらいにさせていただきます。新作がでた時には、また買いたいと思います。

 リフレインを刻む 2007/12/27 16:44:28
レビュアー: クリップボード
 ミニゲームやイベントで存分に楽しませてもらいました。
 繰り返しプレイすることによって、様々なものが後のゲームプレイに引き継がれるというシステムそのものが、シナリオの核として据えられている『リトルバスターズ!』は、まさにゲームそのものが“リトルバスターズ”の面々に向けられたものであると感じることができました。何を主張したいか、とか、何を表現したいか、という以前に、作品のために作り出された筈のキャラクタへの愛が感じられた、とでも言うのでしょうか。
 『リトルバスターズ!』というゲームは、“リトルバスターズ”そのものであると思います。ゲームウィンドウを通してしか、彼らと時間を共にできないというもどかしさもありますが、しかしそれ以上に、彼らと共有できた時間があってよかったという、清々しい気分をゲームクリア時に感じました。その清々しさはきっと、夢との終焉と現実との邂逅との狭間にある、エンディングのあのワゴン車の後姿にしか感じることはできないでしょう。
 誰しもがリフレインを刻む筈の人生の中で、あのような清々しさを得られたことを嬉しく思います。『リトルバスターズ!』、忘れません。

 傑作 2007/12/24 3:41:58
レビュアー: いちのせ
ただ一言、

この作品を世に出してくれて、ありがとう

と言わせていただきます。

麻枝氏の引退は残念ですが、今後も様々な所での活躍を期待しています。
都乃河氏は次回作に期待してます。頑張って下さい。

 感動しました! 2007/12/24 20:30:28
レビュアー: 姫神ハヤテ
今までゲームやアニメで泣いた事がなかったのですが、このリトルバスターズで初めて泣きました!

リフレインモードは、号泣でした・・・。

リトルバスターズで仲間の大切さを学びました♪

本当にいい作品だと思います!

 18禁化おめでとうw 2007/12/20 16:40:42
レビュアー: チラシの裏
売れなかった?
シナリオが糞すぎて苦情が多かった?

18禁化するのはいいけどシナリオは0から作り直してね。
あのシナリオにエロが入っても面白くないから。

 0 … 4 5 6 [7] 8 9 10 11 12 13 … 40