主人公に共感しました。 2006/03/23 18:37:43
レビュアー: アスラフィル
正直、驚きました。これほど主人公に共感できるゲームは初めてです。
現実であれ、妄想であれ、悲しいことは悲しい、それがはっきり分かる。
非常に素晴らしい作品です。

 主人公が良い 2006/03/20 8:14:11
レビュアー: 
正直、購入を検討していた頃はこれほど感動できるお話だなんて思いもしませんでした。
元々はラブコメに期待していたのですが、終わりに近づくにつれ目頭が熱くなりました。
もちろん、ラブコメ部分でも大いに笑わせてもらいました。特に、ねがいの奔放さに振り回される主人公が可笑しくて仕方がありませんでした。後半になるにつれ、主人公が精神的に成長し格好良くなっていくのはちょっと寂しいけれど応援したくなりました。
ヒロインはもちろんのこと登場するキャラ全員が魅力的で、このゲームが終わった今でも、彼らの話をもっと見たいなと、ファンディスクや続編などが出ればいいなと勝手に期待しています。

 予想以上に面白かった 2006/03/17 18:36:22
レビュアー: MAKOTO
最初は絵やあらすじを見てどんなものかと思っていましたが体験版をやってみて続きが気になったので購入しました。

結構早い段階で主人公の思い出の「あの子」がすでに死んでいると言われていたのでそれでもその約束を果たそうとする主人公は結構痛々しいと思っていました。このまま暗い雰囲気で終わってしまうのかと思っていましたが最後はキレイにハッピーエンドで終わったのでこういう終わり方が好きな私としては十分楽しめました。全体的にテンポが良くキャラクターにも魅力があったので最後まで飽きずに楽しめました。

体験版を試してみて続きが気になるなと思った方は是非購入することをお勧めします。

 予想以上に面白かった 2006/03/16 23:26:29
レビュアー: MAKOTO
最初は絵やあらすじを見てどんなものかと思っていましたが体験版をやってみて続きが気になったので購入しました。

結構早い段階で主人公の思い出の「あの子」がすでに死んでいると言われていたのでそれでもその約束を果たそうとする主人公は結構痛々しいと思っていました。このまま暗い雰囲気で終わってしまうのかと思っていましたが最後はキレイにハッピーエンドで終わったのでこういう終わり方が好きな私としては十分楽しめました。全体的にテンポが良くキャラクターにも魅力があったので最後まで飽きずに楽しめました。

体験版を試してみて続きが気になるなと思った方は是非購入することをお勧めします。

 期待以上の出来でした 2006/03/13 3:47:35
レビュアー: LD最高
久しぶりに一気にクリアしたゲームでした。前半の軽妙なノリと
中盤から後半そして終幕への流れは多少強引さがありましたが、
それ以上にリズムが良く時を忘れてプレイしました。

そして、内容も良かったです。信じるべき真実は現実なのか
妄想なのか、信じてきた真実は事実なのか虚構なのか、終盤
の主人公達の一言一句には考えさせられること度々でした。

妄想と虚構から手に入れた真実を受け止めたとき、現実に
守るべき価値が生まれて来るというパラドックスは、非常に
興味深いと思いました。

難しいことを書いてしまいましたが、まずは気軽にプレイし
てみることをお薦めします。はっきり言って、1050円(税込)
でプレイするにはお釣りが内容だと思います。

P.S
伊織さんの終盤でのあの説得文はヲタク魂を感じられる名文
だと思いました

 予想外の展開が面白かった 2006/03/11 10:54:27
レビュアー: asv54813
C69体験版で面白そうだと思ったので購入し読んだところ
予想外の展開で面白かったです。

 掘り出し物、あります。 2006/03/09 20:39:41
レビュアー: 雪見だいふく
笑えて、意外と考えさせられて、思わずホロリ。

…すごくいい作品でした。

グラフィック、シナリオ、キャラクター、音楽のバランスもよく、
カットインやセーブデータにつく小見出しなど、ちょっとした工夫も楽しい。
小さいけれど、価値ある逸品です。

未プレイの方は、ぜひ。

 掘り出し物、あります。 2006/03/09 20:16:49
レビュアー: 雪見だいふく
笑えて、意外と考えさせられて、思わずホロリ。

…すごくいい作品でした。

グラフィック、シナリオ、キャラクター、音楽のバランスもよく、
カットインやセーブデータに付く小見出しなど、ちょっとした工夫も楽しい。
小さいけれど、価値ある逸品です。

未プレイの方は、ぜひ。

 とんでもない拾い物 2006/03/09 12:47:55
レビュアー: 桜千歳王
正直なところ、タイトル等から単なるラブコメだと思い、期待はあまりしていなかったので、衝撃はかなりのものでした。

何が「現実」で、何が「妄想」なのか。そして「大切なもの」は何?
情報が作り出した「虚構」が「現実」として振舞う現代社会、そして「妄想」に逃げ込む事が容易になった時世だからこそ、この作品の中盤~終盤は考えさせられるものがありました。

プレイの動機は「キネティックノベルだから」という事だけでした。
なので、とんでもない拾い物をした・・・今はそんな気分で一杯です。

 予想外 2006/03/06 23:09:30
レビュアー: 北の大都督
つい今しがた読み終わりましたが…いや、良い意味で裏切られた話でした。

いい話だった。

終わりを見た時そう思いました。
今年に入ってから何本もゲームやりましたが、そう思わされたのは本作が最初です。
内容について細かいことは省略しますが、是非読んで頂きたいです。
そう思いました。

 0 [1] 2 3